スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻雀

http://www.nicovideo.jp/watch/sm13071567

昨日これを見た。有名な格闘ゲームプレイヤーの一人が、他の有名プレイヤーとの思い出を語っている動画だ。
2:50秒辺りで、某有名プレイヤーが麻雀について「強さが分かるのに5時間かかる」と言ったそうだ。
私はこのシーンを見た時、以前から抱いていた思いを強くした。
「こいつ麻雀分かってねぇな~」というちょっとした優越感と失望感の混合物。麻雀に関する知識が普及していない事に対する軽い苛立ち。そういうものも少しは有ってもいいはずなのだが、全然無かった。
「麻雀ってすげー時間かかるよね」とそう思った。
この動画に出てくる彼らは格闘ゲームプレイヤーであって麻雀打ちではないので、格闘ゲームを基準にして麻雀を見た。そしてその結果彼、ウメハラは古巣に戻った。
私は、5時間で麻雀の実力を量れるならどんなに素晴らしいだろう、と思わざるを得ない。しかし、その「5時間」でも白黒を付けるには長すぎるようなのだ。実際に麻雀で白黒付けるには2000~6000戦必要と言われる。2000戦はかなり現実的問題と理想論を妥協させた数字だ。1日10試合打っても1月300戦である。2000戦打つまでには7ヶ月、6000戦ともなると20ヶ月かかる。
私が麻雀に本気になれない由縁だ。ほとんど無制限なほどの膨大な時間的犠牲を要求してくるこのゲームにのめり込む事に、心のどこかでブレーキをかけてしまうのだ。そしてそれを意識するたびに思うのだ。「別に俺、麻雀そんなに好きじゃないんだろうな」と。成績を見て一喜一憂するとか、配牌を見てワクワクするなんていう感覚も一応ないわけじゃない。しかし、全存在を賭けられる程麻雀を愛しているかと問われたら、NOだ。即答だ。
同じ理由で格闘ゲームや将棋なども駄目だ。時間を食いすぎる。二の足を踏んでしまう。それが足を引っ張って中途半端になる。やるなら本気でやりたいのだ。中途半端にやるのは面白くないから。
それで最近麻雀と関わるのが億劫なのだ。ネット配信との関わりも、そういうわけで疎遠になっている次第である。

嗚呼、愛すべき糞ゲーよ!潔く君を断ち切るには、僕等は長く共に居すぎた!

PS:ちなみにTRPGは大好きだ。一生を捧げても構わない位愛しているし、次に何をやるか考えるだけでワクワクしてくる。しかし、TRPGはどちらかというと「勝負」じゃなくて「表現」や「意思疎通」を大事にするゲームなので、麻雀なんかと同列には扱えないのだった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

魔法中年

Author:魔法中年
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。